0

カートに入っている商品がありません。

Promotional Codes

※クーポン使用には会員登録が必要です。
※クーポン選択後「適用」ボタンを押してください。
※クーポンコードをお持ちの場合は、直接入力してください。
合計
(税込)¥ 0

ご購入金額別プレゼント

以上のご注文で全てのプレゼント

条件を達成したご購入金額(税込)の範囲内で、プレゼントを選択できます。

プロモーションコードの種類
商品割引
コードを利用すると、指定された商品に割引が適用されます。
カテゴリー割引
コードを利用すると、カテゴリー内の商品に割引が適用されます。
注文割引
コードを利用すると、カートに入っている全商品に割引が適用されます。
送料割引
コードを利用すると、送料無料または送料分の割引が適用されます。
プレゼント特典
コードを利用すると、カートにプレゼントが追加されます。

注意事項

  • 送料無料コードを適用しても、地域により追加送料が発生する場合があります。
  • 送料無料・割引コードは、ご注文の際に1つのみ適用することができます。
  • ビックセールやメンバーシップデー、特定のキャンペーン商品には、プロモーションコードを適用することができません。
  • 商品・カテゴリー・注文割引コードは、ご注文の際に1つのみ適用することができます。
  • プレゼント特典コードは、ご注文の際に複数個適用することができます。
    - ただし、利用条件があるコードは、ご注文金額がその利用条件の金額に満たない場合、適用することができません。
  • 種類別に重複して利用することができないプロモーションコードは、ご注文の際に1つのみ適用することができます。

パスワードの再確認

お客様の個人情報を安全に保護するため、
パスワードをもう一度確認してください。

パスワードを正確に入力してください。

BEAUTY INNOVATIONS

朝鮮人参のバイオコンバージョン(Bio-conversion)技術

人参ヒドロラーゼ酵素の発見

1960年代から始まったアモーレパシフィックの人参研究は、人参を食べることで得られる効果は肌に塗ったときも得られるのではないか、すなわち「人参は食べると良い効果が得られるのだから、肌に塗っても効果があるのではないか」という考えから始まりました。アモーレパシフィックは人参のさまざまな成分の中で、特にジンセノサイドと呼ばれる朝鮮人参のサポニンの研究に深い関心を持つようになりました。研究を通じて、生の人参をそのまま肌に塗るだけでは私たちが求める人参の重要成分が生成されないだけでなく、吸収もできず、匂いや肌への刺激などといった問題が発生するという事実が判明しました。これを受け、アモーレパシフィックは人参の重要成分がどのようなプロセスを経て活性物質へと変わるのか研究した末に、私たちが朝鮮人参を摂取した際に朝鮮人参のサポニンが体内でさまざまな形に転換され、その結果として希少サポニンのコンパウンドK(Compound K)とジンセノサイドF1(ginsenoside F1)という活性物質になり、体内に吸収され、多様な生理活性が起こるということがわかりました。こうした希少ジンセノサイド、コンパウンドKとジンセノサイドF1の成分は、実際に肌においても高い効能が見られました。しかし、希少ジンセノサイドは朝鮮人参に極微量しか含まれていないため、化粧品にそのまま取り入れるには技術的な問題がありました。それは大量生産が難しいという問題でした。そこで、アモーレパシフィック技術研究院は地道に研究を続け、朝鮮人参の希少サポニンのコンパウンドKとジンセノサイドF1を大量生産できる朝鮮人参ヒドロラーゼという酵素を発見し、その酵素を用いたバイオコンバージョン(Bio-conversion)技術により朝鮮人参の希少サポニンの大量生産に成功しました。

2008年 / 蒋英実賞を受賞
2009年 / 大韓民国10大新技術を受賞
2009年 / 化粧品業界で初めて大韓民国技術大賞国務総理賞を受賞
2010年 / 大韓民国100大技術と主役に選定

創業者の慧眼、開城高麗人参

韓国産を最高とする朝鮮人参は、高麗時代からすでにその名声が国際的に知れ渡っていた貴重な植物であり、朝鮮半島の自然と韓国人の知恵を込めてその伝統を長きに亘り継承してきた歴史の長い原料です。なかでも、開城は韓国の朝鮮人参を代表する地域であり、そこで幼少期を送ったアモーレパシフィック創業者である会長ソ・ソンファンは、独自の慧眼で朝鮮人参の持つ美容価値を見抜き、アモーレパシフィックは1960年代に入り朝鮮人参に対する研究を本格的に始めました。アモーレパシフィックの朝鮮人参の研究は、その後50年を超えて今日に至るまで続いています。1966年、朝鮮人参を原料とした化粧品「ABC人参クリーム」を初めて登場させて以来、1970年代からは朝鮮人参の主要活性成分であるサポニンの研究を本格的に進め、1985年には現在の「雪花秀(ソルファスd4)」の母体となった「雪花」が誕生しました。その後も朝鮮人参に対する深い研究は続き、1990年代に得た朝鮮人参成分の皮膚効能についての研究成果をもとに、2000年代には希少活性サポニンを効率的に得られる酵素の活用法を発見する快挙を遂げました。

高麗人参への絶え間ない研究

2000年代、アモーレパシフィックの朝鮮人参研究は「バイオコンバージョン」技術により完成度をさらに高めました。これは、酵素を用いて朝鮮人参に極微量含まれている希少サポニンを高含量化できる技術で、アモーレパシフィックはこの技術で肌の老化・美白などに優れた効能を発揮する朝鮮人参の希少活性サポニンを含有する製品を開発しました。さらに、大衆的に活用されていた朝鮮人参の根以外にも花・種子・葉・茎など、朝鮮人参のさまざまな部位別の成分と効能の研究、ジンセニスフィア(Ginsenisphere)など、皮膚伝達体を開発する研究、バイオコンバージョン技術を活用した希少サポニンの大量製造および効能の研究、朝鮮人参の栽培環境と栽培法の研究など、朝鮮人参の研究領域を絶えず拡張していきました。アモーレパシフィックは、この技術を「ジンセノミックス」と命名し、より多様な高機能・高効能の化粧品を誕生させました。また、水耕栽培やスマートファームを利用した朝鮮人参の栽培技術、朝鮮人参の主要成分を均一になるように通年生産し、高濃縮が可能な外植技術、朝鮮人参の特異点を発掘するためのメタボロミクス研究など、より多くの朝鮮人参の有効成分と強い生命力と優れた効能を世界中のお客様に伝えるために、今日もアモーレパシフィックは努力を続けています。

全体商品の削除

本当にすべての製品を削除しますか?

はい
TOP